夫婦で手を握り合って歩けるようになった

« »


高崎教会(群馬教区)所属 40代の婦人

 

 私は毎月の書写会を楽しみにしています。今月から高崎教会では書写会を各家庭でもしようという取り組みが始まりました。我が家でも毎週土曜日に、家族書写会をやり始めました。

 

 夫は何度誘っても、絶対書写をしてくれない人でしたが、書写ファミリーフェスティバルに参加してもらい、はじめて書写をしてくれました。

 二回目の家庭書写会で、感想やなにか証しがあるか一人ずつ聞くと、父は「面倒くさい」、夫は「感想などない」、長女は「別に良いことはない」と言われてしまい、じゃあなぜやるの?と聞くと「お母さんがやれというから」と家族全員から否定され、バラバラで本当に悲しくて、何の為にしているのかわからなくなり、一人で涙して、書写をしました。

 

 そこでスタッフの方と相談したところ、家族の心を無視して、形だけで、ただ言われたから行っていたという事に気付かされました。これからは、家族を喜ばせてあげたいという心で行おうと決意して、実践してしばらくすると、長女が、以前から書写の願いで、就職が決まるように祈願していたのですが、娘から電話がきて、就職の内定が決まったということでした。「書写のおかげだね、感謝しなくちゃね、これからも続けよう」と電話越しに二人で涙を流して喜びました。それ以来長女も心を込めて、友人の内定決定の為だと言って書写をしています。

 

 姪っ子にも書写を勧めてみると、書いて一週間後には祈願した通りに希望大学に合格が決まりました。そして私は、毎日願い事を書写用紙の右側に書いているのですが、「夫と仲良くなり、手をつないで歩きたい」と願っていました。

 

 先日「家庭を幸せにするセミナー」に夫婦で参加したら、3分間ずつ相手の話をただひたすら黙って聞くという実践があり、やってみると、今まで夫や長女の話を黙って良く聞くということをしてこなかったなあと、心から思うことができ、泣きながら夫に申し訳なかったと言うことが出来ました。セミナーの帰り道、夫と手をつなぎ、車まで歩くことができました。

 

 夫も3回目の家庭書写会では心よく書いてくれました。書写に書いた願い事が、次から次へと叶っています。叶うだけでなく即効性があります。書写の効果は本当に絶大だなと思いました。ありがとうございました。

« »