文先生のみ言「神様を愛する」で生きる

« »


福岡教会 70代女性

 

 ある時、椅子に座っていると、突然私の横に座る方がいらっしゃいました。「どちらからいらっしゃいましたか」とお尋ねしました。そしたら「すぐこの近所です」と言われ、趣味の話などをいたしまして、その方が「私は社交ダンスをしています。とても体にいいので年配の人が多く、60歳から80歳までの人がほとんどです。あなたもどうですか」と言われましたので、「私は一週間に一度、良い言葉を書く書写会をしています。今は『神様を愛する』という言葉を書いています」と話したところ、「なんですって? 神様を愛するという言葉は聞いたことがありません。神様にお願いごとはするけど、神様を愛するということは今初めて聞きました」と、大変感動されました。

 

 それで私が、「人を愛したら、人から愛され、神様を愛したら、神様から愛されます」と話したところ、「それはいいですねぇ。私は何だか、はまりそうです。私も書いてみたい」と言われました。それで、持っていたお試しの書写セットの中から一枚取って、「今ここで一枚だけ書いてみてください」とお伝えしましたら、快く書いてくださいました。

 一週間分をお渡しし、書き終えた頃に連絡することを伝え、「我が家の書写会に持ってきてくださいませんか?」と、お願いしました。

 

 このようにしてこの方と出会いがあり、体の調子が悪くない限り我が家で書写を続けて来られました。浅川先生の講話のDVDがとてもわかりやすく、「私は今正しく生きているか」「影のない人生を生きる」などに感動され、「外では聞けない話がここで間近に聞ける。次回が楽しみ」と言われ、「私は今まで何をやっても長続きはしませんでした。しかしこれだけはできます」と、浅川先生の大ファンになられました。いつも何人かの仲間と一緒に書写会をしていますが、その方が言われるのに、「ほかの人たちとは違いますね。普通は会合に出ると人のうわさと悪口ばかり。これからは歌い終わったら人と話さず、終わったらすぐに帰るように決めたのよ」と言われました。

 

 我が家の坂道も運動になると大変喜ばれ、浅川先生のDVDも全部見られましたので、書写堂へお連れしました。この時も多くのみ言の中から、「やっぱり私は『神様を愛する』という言葉が一番好きだわ」と言われ、書いて下さいました。

 

 文先生が「一日一生だ」と言われるように、朝起きたら今生まれたと思うという文先生のみ言、たくさんの過ちを犯してきた私ですが、過去を引きずらず、まだ起きていないことを心配せずに、許されざる者を許して下さり、愛しがたき者を愛して下さった文先生、そして神様でいらっしゃいますので、その御恩に報いるためにこれからも、一生懸命生きていく所存でございます。

 

« »