正社員就職、難関高校合格「奇跡だ」と先生驚嘆!

« »


北大阪教区 京阪教会 枚方市在住 48歳 主婦

 

私が書写を本格的に書き始めたのは、今年に入ってからでした。それまでも書写を書いた事はあったのですが、2月8日メセナ枚方「心の書写の会」に参加させて戴き、浅川先生の講演や証しを聞く中で、「自叙伝書写がこんなに素晴らしいものならもっと早くから書いておけば良かった」と思い、早速その日から高校卒業を間近に控えた娘の為にと、毎日欠かさずに書写を書かせて戴くようになりました。

 

実は私の娘には高校入学当時から就職を熱望していた会社がありましたので、「娘の希望通り、就職試験に合格できますように!」と、その願いを込めながら一生懸命に毎日書写させて戴きました。すると、3月8日まで一ヶ月間書写を書き続けたおかげで、見事に希望の会社から合格通知が届いたのです。

 

その会社は、正式採用は二十歳からと決まっており、18歳の娘はまずは契約社員としてのスタートだったのですが、それでも願いが叶った娘は大喜びで、それからは娘も私と一緒に毎日書写を書くようになりました。

 

すると、奇跡が起こったのです!娘が一緒に書写を書くようになってから間もなく会社から連絡があり、今年の新年度から会社の方針が変わり、18歳からでも正式採用できるようになったので、4月からは正社員として出勤して下さいとのことだったのです!娘も私もびっくり仰天し、この自叙伝書写の凄さを実感しました。

 

また、私には近所に住んでいる双子の妹がいるのですが、その妹にも高校受験を控えた娘がいましたので、2月8日の書写会に一緒に誘うとワラをもすがる思いで、娘も一緒に参加して書写を始めたのです。

 

実は妹の娘は中学生活で普段から素行が悪く、先生からも公立高校受験は絶対に無理だろうとなかば諦められていましたので、「何としてでも公立高校に通ってもらわないと困る!」と、妹は親子で一生懸命に毎日書写をしたそうです。

 

すると、これまた見事に合格し、公立高校に合格したと知らせを聞いた学校の先生はまるで奇跡を見たかのように驚いておられたそうです。妹も、「こんなに素晴らしい自叙伝書写があったのなら、もっと前から書いていたら良かったなぁ」と、笑いながら悔しがっておりました。今では、私も妹も親子そろって毎日欠かさず楽しみに書写をさせて頂いております。

 

« »