仙台で「第39回 幸せな家庭づくり講演会」を開催

«


 

書写奉納式

 2月23日、仙台家庭教会に浅川勇男先生を迎え、天一国4年の最初となる書写奉納式「第39回 幸せな家庭づくり講演会」を開催。宮城教区の各教会をインターネットで繋ぎ、約1000人が参加しました。

 

 

 仙台家庭教会では昼の部と夜の部の2回、書写奉納式を行いました。

 

 午前の部では、祝福二世の青年が書写の体験談を証し、「中高生の頃には教会に来ていなかった私が、お母さんと一緒に始めた書写がきっかけになって、教会に繋がるようになりました。私にとって書写は神様への手紙のようです」と語りました。

 

 県会議員の来賓挨拶に続き、浅川先生は講演で、愛の大切さに言及しながら、真の愛の道、幸福に至る道を示された文鮮明先生を証しました。

 

 夜の部は、家族参加型の書写奉納式となりました。

 家族4人が揃って書写をする小2の男子児童が、友達が家に遊びに来た時、「書写を書いてみるか?」と誘ったら、「おもしれえなぁ~。もっと書く!」と言った様子を証しすると、会場では笑いがこぼれていました。

 

 最後に、安榮燮地区長が自身の証を交えながら挨拶。特賞でペアウォッチが当たる抽選会をもって終了しました。

参加者からは、「こんなにたくさんの人が参加しているんだね」、「次回はご主人と参加したい」との感想が寄せられました。

 

安地区長の挨拶書写会場小2男子の証

 

«