韓国サイト「Book Daily」


⇒書評一覧

話題を巻き起こした、統一教の文鮮明総裁エッセイ
「私だけ…、私の家庭だけ…」という言葉は、私の辞書にはない

 

 統一教の宗教指導者として広く知られている文鮮明総裁がエッセイを出版した。オンラインやオフラインで同氏に対する各種の噂が飛び交うが、図書の内容としては、「世界平和」という大きな話題で自身の人生を回顧した。90になる年齢で「平和を愛する世界人として」(金英社、2009)の出版を通し、同氏が所属する「世界平和統一家庭連合」の特性と自身の考えを表明した。

 

 「西洋の人たちは、本当に孤独に生きていきます。子供たちは十八歳になれば家を離れ、クリスマスの時などにちょっと顔を見せればそれで終わりです。両親を訪ねていって安否を気遣うこともあまりありません。結婚すれば完全に独立して暮らし、一人で生活できないくらい年を取ると療養所に行きます。そんな状況なので、西洋の老人は東洋の文化を羨(うらや)ましく思っています。『東洋の人たちは、お祖父(じい)さんお祖母(ばあ)さんを一家の長として敬い、一緒に暮らすので、本当に見ていていいですね。子供たちが年老いた両親を養い…。それでこそ人として生き甲斐(がい)があるというものです。療養所で横になって、子供の顔も見ることができずに、歳月が過ぎていくのも分からないまま生き長らえて、何をするというのですか』と嘆く老人が一人や二人でありません。」(韓国語版「平和を愛する世界人として」)p242

 

 同氏は2000年度に、1997年に3千6百万組を合同結婚させた功労で、「イグノーベル賞」(Ig Nobel Prize)経済学部門で賞を受けた経歴がある。これと関連して、韓国の家庭文化を西洋と比較して優れた点を指摘している。図書全般を通じて「修身斉家治国平天下」の教えである、家庭を治めさらには世界を治めるという教訓と類似する面を見せている。

 

 「世界平和とは、その言葉どおりに雄大なものではありません。家庭が平和であってこそ社会が平和になり、国家間の葛藤(かっとう)が消え、それがあってこそ世界平和への道が開かれます。ですから、完全な家庭こそが重要であり、家庭の責任はそのくらい大きいのです。『私さえ幸せに暮らせばよい、私の家庭さえ守ればよい』という言葉は、私の辞書にありません。」(同)p251

 

 図書では直接的に言及されていないが、国際的に進出している統一教の規模はとてつもなく大きいという。同氏のグローバルな活動は、国際社会で活躍しなければならない若者たちに真心に充ちた忠告も伝える。

 

 「今は『地球村』という言葉さえ昔の言葉になりました。地球はすでに一つの生活圏です。人生の目標が、大学を出て月給をたくさんくれる会社に就職し、安定して生きていくことだとすれば、小犬くらいの成功を収めるようになります。しかし、アフリカの難民救護に命をかけて取り組めば、虎(とら)のような成功を収めるでしょう。 どちらを選択するかは各自の心にかかっています。」(同)p368~369

 

 最後の章で扱う同氏の人生哲学は、下記のように整理することができるが、年輪を感じられる生き方が、これから多くの人生を残している者達に教訓を与えると思われる。一人の宗教指導者のエッセイを通じて、同氏の考えと宗教に対する方向を考えてみることができる。

 

  1. 正午12時のように、影のない生活を送れ。-良心に呵責のない人生。
  2. 汗は地のために、涙は人類のために、血は天のために生きよ。-真実なる血と汗と涙は人のために流せ。
  3. One Family Under God! 神は一人であり、人類は一兄弟である。

※韓国国内の本を紹介するニュースサイトである「Book Daily/ブックデイリー」(本社は韓国ソウルのヨイド)に紹介されました。下記からアクセスすることができます。
http://www.bookdaily.co.kr/news/articleView.html?idxno=9001&tbar=1