郡山に400名が集い、盛大に記念大会が行われる


《写真をクリックすると拡大します》 

ボディーパーカッション講演の模様会場

 

 2009年11月14日(土)福島県郡山市内の会場において、「文鮮明先生自叙伝出版記念福島県大会」が開かれました。当日は、400名近くの方々が集い、会場は満席となりました。中高生によるボディーパーカッション、歌の披露が会場を盛り上げ、大会は幕をあげました。来賓の挨拶に続き、南炅卓実行委員会顧問による激励の辞、続いて 稲森一郎 真の家庭運動推進協議会副会長から基調講演を頂きました。ユーモアを交えて、熱く語られる講師の姿に、会場も終始喜びと、感動の雰囲気に包まれました。讃井政登実行委員長による閉会の辞、万歳三唱で大会は大盛況のうちに幕を閉じました。

 

 「文先生の教えを勉強されている方々と交流してみたい。」「真の夫婦のあり方が分かった。」等の感想が多く聞かれ、来賓も含め参加した多くの人々が感動していました。