「文先生は祝福のチャンピオンです」-津市


《写真をクリックすると拡大します》 

フルート演奏講演の様子記念撮影コーラス

 

 2009年12月13日、師走の押し詰まった中、天候にも恵まれ津の郊外の三重県津市の会場にて「文鮮明先生自叙伝出版記念津大会」が開催されました。会場を盛り上げるために、フルート演奏そして、有志による歌が会場一杯に響き渡りました。

 

 中川実行委員長の主催者あいさつ、そして、来賓の方から祝辞を戴きました。「大会に臨まれる前に自叙伝を読まれ、大変感動され多くのことを学ばされました。あまりにも多くの苦労をされ先生の用には行かないけれど、残された生涯をもう一度新たに世界平和のために頑張ってゆきたい」と締めくくりました。

 

 そして、自叙伝映像の後、詩の朗読と基調講演がありました、講演では文鮮明先生の幼少から現在まで90年の生涯を自分が文先生と関わった体験などを交えて赤裸々に話していただきました。

 

 文先生は祝福のチャンピオンです。また、文先生を殺そうとした、ソ連や北朝鮮に対し真の愛を持って恩讐を愛し、「血は水よりも濃い」と言って、金主席と兄弟の関係を結ばれた。と語られました。今、90歳の文先生を支えて世界平和に貢献しましょう。と力強く語っていただきました。参加した多くの人が感動されました。