日本に国家ビジョンが欠落していることを指摘-福井


《写真をクリックすると拡大します》 

はぐるま太鼓講演の様子合唱

 

 去る2009年12月20日(日)、福井市内の会場におきまして、文鮮明先生自叙伝出版記念福井大会が開催され、来賓をはじめとして250名が参加しました。はじめに地元の青年グループである「はぐるま太鼓」よる太鼓の力強い演奏が披露され、ビデオ上映の後、大会実行委員長が主催者挨拶を行いました。続いて来賓祝辞に移り、統一運動との出会いを話され、平和の実現に向けての決意を表明しました。

 

 基調講演は梶栗正義・世界平和青年連合会長がパワーポイントを使い、非常に分かりやすく講義をしてくださいました。特に日本に国家ビジョンが欠落していることを指摘し、「家庭の価値を強化し、日韓米の連携のもとで日韓トンネルの実現と地球環境の保護のために貢献していくことが重要である」と語られました。