自叙伝書写ファミリー大会 (八王子市)


《写真をクリックすると拡大します》 

入山氏会場の様子合唱団

 

 2011年7月10日(日)、八王子市内の会場で自叙伝書写ファミリー大会を開催し、512名の会員、家族が集いました。

 

 大会では、青年の太鼓と誠愛合唱団の歌が披露され、主催者の入山氏の挨拶では、「書写を家族で実施することにより、家庭教育につながり、幸福な家庭、理想家庭実現に頑張って行きましょう!」と挨拶されました。

 浅川勇男講師をお迎えして、「愛天愛人愛国」の講話を頂きました。「愛天はどんな時でも神様に報告する生活であり、愛人は人を笑顔と言葉で愛し、先祖も愛する生活であり、愛国は万物を愛する生活です。自叙伝書写は、幸・不幸は、私の心のあり方次第ですし、自叙伝の心は、幸福を引き寄せる最も深くて広い心で、自叙伝の心を、言葉を通して自分の心に書き写すことです。」とユーモアを含めて講話して下さいました。最後にOne Family under God を全員で歌って終了しました。

 

参加者の感想

 

幸福を引寄せる方法は、日常生活に於いて神様と万物世界に報告して、感謝する生活だと感じ、今までの自分の生活を悔い改めさせられ、今後は実践していきたいと思います。

 

今まで当たり前の事を当たり前と思い、感謝する生活を忘れていました。幸福な人生は、心の持ち方で決まっていくことがわかりました。

 

書写を通して、個人・家庭教育に繋がり、幸福な家庭作りの始まりであることが解りました。家族で書写を実践して、感謝の生活をしていきたいと思います。