文先生の平和思想の根幹などを力強く語る-下関市


《写真をクリックすると拡大します》 

柄本公生実行委員記念撮影

 

 2010年1月25日(月)下関市内で、124名が参加して「文鮮明先生自叙伝出版記念 下関大会」を開催いたしました。当日は会場に入りきれないほどの参加者が来場し、別の部屋を準備するほどの賑わいでした。

 

 開会宣言の後、自叙伝出版記念大会の経過報告のDVD上映を行い。朴永奉実行委員長の挨拶の後に、来賓紹介がありました。

 

 自叙伝紹介のDVD上映の後に、柄本公生大会実行委員の基調講演では「愛天・愛人・愛国」の文先生の平和思想の根幹と、自叙伝で紹介されている「真の愛を貫いてこられた生涯」、そして文先生の提唱する「具体的な平和プロジェクト」に至るまで、短時間の内にはじめての参加者にも分かりやすく噛み砕いて説明していただきました。

 

 大会の締めくくりとして、来賓の中から立たれた方が「このような大会が開催され、しかも大盛況で感無量です。私はこの自叙伝を手に入れて一夜のうちに読んでしましました。自叙伝は読めば読むほどすばらしい内容が詰まっています。ベストセラー間違いなしです!」と感想を述べられながら、力強い万歳三唱を先導されました。そして最後は全体の記念撮影で大盛況のうちに閉会となりました。