小学生の部 忠賞(2)


⇒入賞者一覧

やると言えばやる「一日泣き」の強情っぱりを読んで

小学生の部:忠賞

 古川 たまみ

 

 まずは、アボニムのお父さんについて思ったことです。

 アボニムのお父さんは自分がお金をかりた時は、何が何でもお金を返すというのがすごいと思いました。

 それに、米だわらをせおって、階だんを上れるほど力持ちだから、アボニムが90さいでも活動できるんだね。ありがとう!

 次に、アボニムについて、思ったことです。

 

 びっくりしたのが、なくと、ひっくり返ってはね回り、皮ふがきれて部屋の中が血だらけになるっていうことです。

 悪いことをした時、自分が悪かったって分かっていても、悪くないといいはるのがアボニムです。気持ちは分かりますが、わたしだったら、すぐにあやまってしまいます。

 

 アボニムの家は、兄弟たちがいっぱいいて、にぎやかでいいな。と思いました。

 アボニムは、自分のくつ下や下着を自分であんで、まだよゆうがあるので、お母さんにプレゼントをしたのがすごいと思いました。

 昔は、アマガエルも食べていたそうですが、気持ち悪いです。クイナや山鳥のたまごを食べるのも、少しかわいそうでした。

 わたしは、平和を愛する世界人としてを読んで、とても勉強になりました。これからも、読みつづけたいです。